新築お披露目会は特別しませんでしたが、遠かった事もあり、両方の両親や兄が新築祝いの楯などを持って、それぞれ違った日にお祝いに駆けつけてくれました。

新築お披露目会にまつわる話
新築お披露目会にまつわる話
新築お披露目会にまつわる話

新築お披露目会は特別しませんでしたが

新築お披露目会は特別しませんでしたが、遠かった事もあり、両方の両親や兄が新築祝いの楯などを持って、それぞれ違った日にお祝いに駆けつけてくれました。

それまでアパート生活だったので、どちらの両親を呼ぶことが出来なかったので、やっとこれでいつもで遊びに来てもらえることが嬉しかったです。
楯は実家の近くの有名な公園にまつわる詩が記されていて、歌にもなっています。今も飾ってありますが、あの頃の事を懐かしく思い出します。
主人の両親がお祝いに来てくれた頃、まだフルタイムで仕事をしていたので、帰ってくると家の中の気になる所を掃除し、外回りを片付けてくれていました。
一軒家に住みたいと思っていたので、引っ越しが終わった時は、何とも言えない自由さとゆったりとした気分を満喫する日々でした。

今はそこから引っ越しましたが、最初の家の辺りは未だに懐かしいです。
建売の手頃な新築住宅だったので、子供が生まれると、荷物も徐々に増えて、だんだん狭く感じるようになったものでした。

おすすめ情報

Copyright (C)2017新築お披露目会にまつわる話.All rights reserved.