家の新築をした時、多くの方でその喜びを分かち合おうと言う事で、新築お披露目会をするというところも、まだまだ多いものです。

新築お披露目会にまつわる話
新築お披露目会にまつわる話
新築お披露目会にまつわる話

家の新築をした時

家の新築をした時、多くの方でその喜びを分かち合おうと言う事で、新築お披露目会をするというところも、まだまだ多いものです。
この新築お披露目会というのは、実は地方によって様々なやり方があるのです。

香川県の西の方では、家を新築した時やお風呂のリフォームを行った時には、お風呂でうどんを食べるという習慣があるということです。
とは言っても、お風呂でうどんを盛り付けるとか言うことではありません。お客さんに裸でお湯の入ったお風呂に入浴してもらい、そこに新築をした家の方が茹でたうどんを持ってきて、それをお客さんが食べるというものです。
ちなみにうどんはシンプルな、ぶっかけうどんだということです。

とはいえ、最近では香川県の西の方でも、この風習を守っているところは、あまり多くはありません。何だかとても不思議な風習ですが、決して悪い習慣ではないので、是非香川県の人にはこれからも守り伝えていってほしい習慣です。

Copyright (C)2017新築お披露目会にまつわる話.All rights reserved.